配送ドライバーのメリット・デメリット

多くの人とコミュニケーションを取ることができる

長距離ドライバーの場合は配送先に到達するまでは、人とのコミュニケーションがありません。配送先までの距離が遠ければ遠いほど、孤独な時間が長くなります。そのため身体的にも精神的にも疲労が溜まりやすいという特徴があります。対してルート配送ドライバーは1日に何件も配送をこなすことになります。そのため長距離ドライバーに比べると、配送先の人と会話をする機会が多いと言えます。人と会話を行う機会が多いことで、孤独を感じにくいというメリットが得られます。様々な職業の人とコミュニケーションを取ることができるため、あらゆる分野の新しい情報を仕入れられるというメリットもあるでしょう。ルート配送ドライバーは毎日同じルートを配送するケースが多いため、依頼者に顔を覚えてもらいやすいというメリットもあります。

仕事が単調になる傾向が強い

ルート配送ドライバーは基本的に毎日同じルートを配送することになります。そのため毎日同じ作業の繰り返しになりやすいでしょう。景色も毎回同じなので、あきてしまう可能性は高いです。仕事が単調になりやすいので、同じ作業の繰り返しが退屈だと感じない人に向いている職業だと言えます。

ルート配送ドライバーは配送時間にバラつきがあるため、不規則な生活を強いられるケースも考えられます。早朝出勤を行う日もあれば夜勤のみの配送になることもあるため、体調を崩しやすいというデメリットもあります。このデメリットを解消するためには、体調管理を徹底しておくことが求められます。例えばどれだけ不規則な生活になっても、必ず3回の食事を取るという決まりを持っておくのは良い方法です。

ドライバーの募集は現在では増加傾向にあります。その理由は物流業界が盛んになっている事に加えて、ドライバーが不足しているからです。